FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Act.01 二本の太剣 (03)


     ◆ ◇ ◆

「全部で十五人も居たのに、フレス村へ戻るのは結局七人かぁ」
「いや、ロギュは人って数えていいのか?」
「……つかテメェ、借金グラサンも頭数に足すな」
 ラヴェルの呟きに、レイガルドは生真面目に、そしてタヌキ寝入りしているカザまで突っ込んできた。
 驚いたけど、ラヴェルは曖昧に「アハハ」笑って誤魔化した。結局、この二人も同じようなコトを考えていたらしいと知ったので。

 ほんの数ヶ月に、目まぐるしい出来事に翻弄され、多くの人数と出合い、別れた。
 きっかけは些細。被害は甚大。ただ失態を挽回したいだけだったのに、豪快に脱線した旅の目的地で魔族と戦う羽目に陥った。
 誰も死なず、そして理不尽な犠牲を出さずに旅の終わる目処がったったのは、ひょっとして奇跡なのかもしれない。
 それでも多くの仲間と別れ、最終的に残ったのはここにいる三人と、街へ出ているはずのエリナと黒銀狼のロウギュンツァ、顛末の見届け人としてエルゥの末裔であるワイト・ソルクス(当人にその気はなさそうだが)、そして要であるリリィア。
 シルク、ソニア、アリスの三人はまだ同じ宿にいるけれど、五日もせずに別れるのは分かっている。
「なんだか、寂しくなるなぁ」
 ラヴェルの本心だったけど、今度は二人共が無言だった。見れば、カザは相変わらずタヌキ寝入りで、レイガルドは太剣の手柄へ丁寧に布を巻いている。
(否定も揶揄もされなかったんだから、まあ良しとしよう)
 そう思い直した時、唐突に背後から黄色い歓声があがった。

「うわっ! それ魔法剣ですよね!?」

 驚くのと振り返るのと茶を飲むことを一気に行い損ね、ラヴェルは盛大に咽た。ちょっと死ぬかと思い、背後の歓声が「ごめんなさい! 大丈夫ですか」詫びながらも背を摩るというか叩くというか殴るから、彼岸まで息継ぎなしで泳がされるのかと覚悟しそうになった。霞む視界の隅、カザの体勢変わらずタヌキ寝入る姿がはっきり記憶に刻まれる。

 化けて出てやる。
 この言葉は、きっと今使われるのが適当だろう。

 そんな(しなくてもいい)決心を固めている横で、レイガルドが剣を鞘にゆっくりと戻し、ようやく立ち上がってラヴェルと珍客を引き離してくれた。
「失礼ですが、何方でしょうか?」
 瀕死のラヴェルには一切構わない。この場合はそれが正解だろうけど、別の意味で物悲しさを感じる。ようやく呼吸が戻り、背後を見上げた先にいたのは、照れ笑いを浮かべている少女だった。
「えへ。ごめんなさい」
 多分、十人中九人が「可愛い」と言うだろう黒髪の彼女は、同じ黒髪のエリナとは違う雰囲気をまとっていた。エリナは「気が強い怖いモノ知らずの妹」だが、彼女は「失敗も笑って許してもらえる妹」という感じだった。
 ただ、似てないけど、似ている気がする。なにかこう、前のめりに倒れかけながら全力疾走している感じが。
 きっと、死にかけた脳細胞がまだ痺れているだけの錯覚だろうけど。
「あ、私はシズクって言います。魔法剣が大好きなんですよ。それ見せて貰えますか?」
 ポンポン弾む台詞は捉えようがなく、口をはさむ前に彼女、シズクは目的の太剣を手にしていて「へぇ~、すごーい」感心しきりだ。
「……よくそれが魔法剣だってわかるね」
 何気ない質問に、シズクはとびっきりの笑顔で応えた。大事そうに剣を抱き、ラヴェルの隣の席に陣取る。それはレイガルドとの間の席で、カザの向かいである。どうしてそこが一番安全だと分かるのだろうか。
「ほら、鞘に意匠があるでしょ。これはその筋じゃ有名な、出荷元の分からない技物なんですよ。とても変わった素材が使われているし、大概が優秀な魔呪を付加させてあるんです。これはどんな効果が?」
 淀みない口調で、本当に好きなのだろうな、と感心する。魔法剣と言えば素人はゴテゴテに飾ってあるものだと思われているが、実戦で役立つ魔法剣ほど既製品と大差ない。細かな目印を見つけ出して探究熱心。なにか専門的な商売にでも関わりがあるのだろうか。
 己の獲物をあっさり取られてしまったレイガルドは、軽く息をつくと、また自分の席へ座る。手入れをしていた品を片付けて、質問になかなか答えようとしなかったのでラヴェルが代わりに口出しした。
「重量の割に手応えが軽いんだってさ」
 軽量化? 効果を半永久的に付加させるって、どうやってるんだろう。魔玉はないし、特殊な紋様もナシ。埋め込んである? でも強度が……と、ラヴェルには理解できない呟きが続き、唐突に聞いてきた。
「この剣、振ってみてもいいですか?」
 とっても嬉々と言われたので「どうぞ」頷きそうになったが、レイガルドは冷静に「宿屋の食堂で振り回すモノじゃない」却下した。
「じゃあ、裏庭で。そっちのおじさん(カザ)の剣も貸して下さい。比べてみたい!」
 椅子に立てかけてあるサイズが同じ太剣を、目聡く気がついたらしい。本当に嬉しそうなので悪い気もしたが、事実は教えてあげないといけない。
「ごめんね。そっちも魔法剣なんだよ」
「え?」
「同じ工房だし、効果も一緒だって。比べられないよ」
 見てみたが、カザの鞘には意匠がなかった。彼は少し変わった帯剣をするので、鞘は自前なのかもしれない。だいたい、レイガルドはともかく、あ・の・カザが、自分の獲物を他人に貸すとは思えない。代わりにラヴェルの師匠からもらった防御の短剣を見せてあげようか、と思っていると。
「……え?」
 妙に間の抜けた声が、もう一度聞こえる。視線をシズクに戻すと、青褪めるほど驚いているらしい。
「どうしたの?」
「魔呪付加の太剣が、二本?」
 おかしな驚き方だ。なんだろう、違和感? を感じる。
 魔法剣が大好きなら、二本もある、と喜ぶと思った。または二本ともが効果もサイズも同じ太剣で残念がる、かと。
 シズクの驚き方は、どちらでもない。まるで、魔法剣は一本しか存在してならないと、信じ込まされているような。

 と、視界の隅で何かが動いた。見ればそれはカザの足で、ようやく机下に足を納める礼儀を思い出したと呆れたのに、あろうことか、カザはそのまま靴底を机の縁にあて、思い切り蹴り出したのだ!
 二人は咄嗟に動いていた。それぞれの行動を知ったのは惨状の後で、ラヴェルはカモミールのまだ半分残るカップを、レイガルドは手入れ品を左手に、右手は己の太剣を素早くシズクから取り戻しており、んじゃ彼女はと言うと……
「ぶぎゅっ!?」
 変な悲鳴とともに、イスと机のクッション材と化して一緒に吹っ飛ばされていた。派手な音が聞こえたのは表の通りからで、ラヴェルは慌てながらもカップを隣の机に置いてから飛び出していく。
「シズク、しっかりして! レイガルド、アリス呼んできてよ! わ~! ダメダメ、そこは違う……あぁっ!」
 なにやら派手なことになっているらしく、食堂にはゴン! とか、ガン! なんて濁音が聞こえてくる。
「いったい何事だ?」
 レイガルドは、台詞の割に穏やかにカザへ疑問を向ける。しかし「カヨワイ少女を家具ごと蹴り飛ばす」なんて凶悪をなした元凶は、軽く肩を竦めただけで言い訳もなく立ち去ってしまう。向かうのは宿の二階のようだが、賭けにもならない事実として、アリスを呼びに行ったのではなく、割り当てられた部屋に引っ込む気なのだろう。
 まぁ、いつも通りの反応だな、なんてレイガルドは思ったわけで。

 この騒動が、昨日の昼過ぎである。

     ◆ ◇ ◆



« Back | 【綺麗な剣と壊れた銃】 | Next »


名言集
カテゴリ
◇小説
◇自作小説
│└ 【魔道士の塔の学徒たち】
◇ファルガイア幻想記
 ├ 【簡単紹介】(別窓)
 ├ 【綺麗な剣と壊れた銃】
 └◇短編
  ├ 【樹の上の子猫】
  ├ 【銃の思い出】
  ├ 【迷惑な幻影】
  └ 【魔族の母親】

◇更新履歴
◇自己紹介
最新記事
最新のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。