FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Act.01 導師の課題 (03)


   ◆ ◇ ◆

 話は前後するが、リザオが扉前で溜息の山を築く前、師フィード・ウィードに呼ばれて一人の学徒がこの執務室を訪れている。
 褐色の肌に翠色の瞳を輝かせ、長い銀髪を首の後ろで括った背の高い青年である。人当たりが良く、廊下ですれ違う年下の少女達にも穏やかに微笑んで会釈する。結果、彼を視界から消えるまで見送った少女達は、精一杯抑えた(つもりの)黄色い歓声を上げて飛び跳ねる。女子の間で「銀髪の貴公子」と言えば、彼、アルベザイド・ディーアであった。
 アルベザイドは先の冬に二十二歳となり、今は黒衣の最上級生である。
 概ね、黒衣を得て魔導師を目指そうという人物の経歴は珍しいことが多いのだが、アルベザイドも珍しい部類だった。
 十歳で家出して路頭に迷い「翠色の瞳は魔法が強い」という迷信を鵜呑みにしてやって来た、なんて不心得者は、まぁ、あまり、いないだろう。
 リザオ同様、アルベザイドも毛色の違う人種であるらしい。
 しかも困った事に、彼も学舎の有名人だ。容姿で目立ってはいたが、最近は失笑混じりに「臍曲がりの貴公子」と噂されている。
 噂話は無責任で鬱陶しいモノだが、事実無根で広がる訳でもない。ちゃんと理由はあるのだ。彼とて事実は否定しない。
 そう。否定は、しないだろう。

   ◆ ◇ ◆

 アルベザイドはその部屋を見回した。
 広い部屋だった。ちょっとした音楽会くらい開けそうで、天井も高いから音響も良さそうだ、といつも思う。調度品は不必要に大きな机と数脚の椅子、それだけ。自分の手狭な相部屋と比べ、溜息が出てしまう。狭く感じるのは多々持ち込んだ不要品(ガラクタ)のせいである、と自覚がある分だけ、一層に情けない。
 魔導師フィード・ウィードの執務室である。
 アルベザイドはいつものように視線だけで部屋を巡り、目前の机の主を見やると、やはりいつものように、そっと溜息を落とした。
 目前の机には、一人の子供が大きな翠色の瞳をクリクリ輝かせて納まっていた。十二、三歳位の少年とも少女ともつかぬ、机と同様に不自然に大きい長掛を纏った子供は、頬杖を突いてニッコリ飛び切り可愛い笑み。
「憂鬱なりしか?」
 聞き違えたのか、といつも思う。外見を裏切らないソプラノの滑らかな声音で、とんでもなく古めかしい言回しをしたのは、目前の子供である。アルベザイドはまた溜息を吐いた。「人を外見で判断してはならない」と、目前の事例が如実に物語っている。何故なら子供は、子供ではないのだ。
「我にてうぬ程あから様も、希有よな」
 アルベザイドは嫌そうに、愛らしく笑う子供を見下ろした。子供は、しかし彼が学舎へ入門した十二年前より寸分違わぬ姿をしている。学舎において十二賢者と称される魔導師の筆頭であり、学徒から師フィード・ウィードと呼ばれている。
 ただ「ウィード」の名が彼の祝福された『真名』でなく、まして親の付けた『通名』ですらないことをアルベザイドは察している。北方地域の旧い言語で「愚者(ウィード)」という。ただし、「フィード」の意味は判らない。
 まったく予想が違っている、というのもあり得る訳だが。
 ともかく子供に見える魔法使いが「フィード・ウィード」を名乗り数々の偉業を為し得た伝説は、アルベザイド生誕の遥か以前より始まる。
 つまり、そういう事なのだ。
「苦痛なりしか?」
 子供、に見える老獪な魔導師は、なおも面白そうに言葉を重ねた。師ウィードは、実際に楽しんでいるのかもしれない。
「苦痛なれば去れ。資格は得たであろ?」
 アルベザイドの頬が引きつる。それを見、鳩が鳴くような笑い声を喉の奥で転がした。本当に、からかい甲斐がある。
 アルベザイドは黒衣を受け、最初に師従した賢者がウィードだ。諸事情からそうなっただけで、さしたる根拠はない。賢者の元で二つの課題に取り組み、それらを成功させている。そして最初の課題の折り、アルベザイドは師ウィードより裁可を得ていた。
 その裁可を自ら拒絶する、という前代未聞の珍事をしでかしたのだ、この貴公子は。
「何が気に入らないのか」
 教師サリザンに苦悩され、さすがのアルベザイドでも少々バツが悪かった。十歳の冬に入門して以来、サリザンが彼の保護者代わりであり、学舎での知識の基礎を大部分、サリザンから受け取った。ちょっと太目で気の回らない人ではあるが、その分細事を気にしない美徳を持っていた。その教師サリザンを苦悩させてしまったのだから、アルベザイドとしても居心地が悪い。
 けれど、やはり納得できなかった。
「リザオ・ムスターニと同じ課題を与えられ、彼の方が優秀だったのに、彼でなく私に裁可が下るなんて、おかしいじゃないですか」
「あのムスターニと張り合うつもりか!」
 サリザンは心底驚いて、匙を投げた。庇護者が憮然とする様子に、養い子はこれほど矜持が高かったのかと感心し、もう構わず好きにやらせようと思ったのだ。
 アルベザイドが難しい顔をしたのは他に訳があるのだが、当人ですらその理由を上手く伝えられなかったのだから、この際どうでもいい。二回も無視された師ウィードにしても気分を害した風もなく、誰かにアルベザイドの件を訊ねられた折りなど「とっておきの課題を思案しておる」屈託なく笑み、臍曲がりの貴公子はなお居心地が悪くなる。
 このような経緯の元にアルベザイド・ディーアはこの部屋に立っていた。
 基本的な問題として、アルベザイドはこの幼い魔導師が苦手であった。根拠となる昔日の逆恨みを思い起こしかけ「アルベザイド」穏やかな呼びかけに顔を上げと、ニッコリ愛嬌たっぷりに笑う子供と目が合って、思わずズサリと音を立てて後ず去った。御師様がこんな顔をしている時は新しいからかいを試そうと企んでいる。今回はリアクションが大きすぎて自分の足に躓いて転んでしまい、子供が爆笑するだけですんだ。……痛いけど。
「まあ、よい」
 ウィードは笑死しそうになって諦らめた。これ以上頑固で石頭の律義すぎる学徒を虐めても面白いだけで、話が進展しないと気づいたのかもしれない。
「アルベザイド・ディーア。うぬに頼みたき議がある」
「なんなりと」
 アルベザイドはやけくそで、それでも背を正し言葉を待った。
 子供に見える魔導師は、そんな学徒へ暖かい眼差しを向け、ゆっくりと言葉を紡いだ。
「課題を与えん」

   ◆ ◇ ◆



« Back | 【魔道士の塔の学徒たち】 | Next »


名言集
カテゴリ
◇小説
◇自作小説
│└ 【魔道士の塔の学徒たち】
◇ファルガイア幻想記
 ├ 【簡単紹介】(別窓)
 ├ 【綺麗な剣と壊れた銃】
 └◇短編
  ├ 【樹の上の子猫】
  ├ 【銃の思い出】
  ├ 【迷惑な幻影】
  └ 【魔族の母親】

◇更新履歴
◇自己紹介
最新記事
最新のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。