FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【 魔族の母親 】

 リレー小説『ファルガイア幻想記』より派生した、こぼれ話。
『幻想記・マナ編』より、エルゥの隠れ里で一行が夜を過ごした時の話。
 里長の話や、エルゥの人々の反応を、色々思い返しています。

   ◆ ◇ ◆

 俺達がその日の宿に、と提供されたのは、さっきの集会場と大差ない、小屋が一つの大部屋になっている、普段は倉庫か何かに利用しているらしい様な小屋だった。
 ただ、何に使っているにしろ、綺麗に掃除がなされ、床にも気持ちよさそうな敷物が敷き詰めてある。天井には紐がわたされ、それに布を垂らし、カーテンの様に幾つかに間仕切りされていた。家具の幾つかも運び込んであり、どうやら女性陣はベットにありつけるらしい。
「……結構、待遇いいよね?」
 エリナが小屋の中を見渡して呟く。俺は、ただ肩を竦めた。
 エルゥの隠里なのだから、当然、旅人を泊めるような宿はない。俺達は野宿も覚悟していたのだが、里長は寝場所と、食事まで用意していてくれていた。
「どうやら、みんなで個室(?)が取れそうだね」
 ラヴェルとシルクが中を探索し、そう嬉しそうに言った。
「んじゃ、俺はココにするわ」
 入口すぐ脇のその場所に荷物を放り込むと、ごろりと横になった。
「えー? ズルイ! じゃあ、あたしはねぇ……」
 エリナ達がパタパタと小屋を駆け回る音を聞きながら、ふと薄目をあけて、確認する。
 案の定、俺と反対の、入口挟んだ反対がわに陣取っていたのは、ラッツだった。
 俺の視線に気付き、ラッツは面白くなさそうに言う。
「寝かしつけたら、ロウギュンツァに預ける」
 主語は抜けていたが、リリィアのコトだ。
 こういう小屋で襲撃を受けた場合、一番危険なのは入口付近だ。
 この隠里は、統率がイイのか、治安が穏やかに守られている。
 が、里長は魔族に対する敵意を公然と明かした。いかに手厚くもてなされようと、妙な気を起す里人が居ない、とも限らない。
 ……常に他人を疑う性分は、鬱陶しいし、余計なコトを考えるので、面倒だ。
 俺はラッツに何も答えず、ただ目を閉じた。

 カチャカチャ
 深夜、みなの寝息に混じり、なにかの部品をいじりまわす音がたえず、微かに聞こえてくる。またラッツが妙な物を造っているらしい。
 俺は狸寝入りを決込んで、意識は小屋外に散らせたまま、昼間ジジィ(里長)が言った言葉を思い出していた。
『マザーは全世界の崩壊を望む』
『魔族はマザーの分身……命令には逆らえない』
 ……どういう意味なんだろうな?
 マザーは世界を滅ぼすのが目的で、その為に駒となる魔族(子供達)を造った。
 そう聞いていたし、そういうモノだと思っていた。……この、妙な魔族に会うまでは。
 人間と共に在ろうとする、魔族に逢うまでは。
 世界を滅ぼそうと作り出された、ソレが至上命令の存在が、何故その命令に逆らえる?
 狂ったから? だから命令に逆らえる?
 では、その狂った、しかも命令に逆らった「子供」が、何故いままで生き延びられる?
「長」を名乗れるくらい強かったから? 単に面倒で、手が回らなかった?
 では、なぜソレほど強いヤツに、狂ってしまう要素を残して「造った」んだ?
『魔族はマザーの分身……命令には逆らえない』
 逆らえない存在に、逆らう可能性を残す。
 それは、どういう意味だ?
 ラッツに限った、特殊な例なのか? その他は……たとえば<紅>は、違うのか?

 もし……命令に、逆らっていないとしたら……?

 もしラッツの今の姿が、「マザー」の本当に、ささやかに願っていたコトだとしたら?

 俺は、ゴロリと寝返りを打ち、考えるのを止めた。
 わからん。そんなコトをいくら考えたって――わからん。
「寝ろ」
 ラッツの密やかな声が聞こえた。
 身を起すと、ラッツの静かな瞳が闇の中でもはっきりと見えた。
「やっと終わったか」
 自分にすら聞こえないような小声で囁き返す。が、ラッツにはわかったらしい。
「……1時間、眠る。その間、頼む」
 言って、そのまま椅子に深く座り込む。
 俺は溜息をつくと、またゴロリと寝転んだ。
 みなの寝息が、かすかに聞こえる。
 意識をもう一度散らし、太剣がすぐに抜刀出来る位置にあるコトを確認する。

「安らかに眠る」ってのはどういう気分なんだろうな、と、そんなコトを考えながら……

   ◆ ◇ ◆

 本編とは微妙に部屋割が異なりますが、気にしないで下さい。
ついでに「カザってこんな難しいコト考えるの?」の疑問も在りましょうが、もっと気にしないで下さい(爆)

スポンサーサイト

【 迷惑な幻影 】

 リレー小説『ファルガイア幻想記』より派生した、カザの過去編・3
 幻想記開始直前で、カザが酒場でクダ巻く話です。
 不思議現象な話ですが、理屈なんか深く考えないで下さい。
 微妙に【銃の思い出】の続きです。

   ◆ ◇ ◆

 伸ばした手は、とどかなかった。
 あと、たったの半歩。それだけの距離が、あいつの運命を分けた。
『殺された父さんの仇を討つんだ!』
 そう言っていてた少年は、しかし目的を果たす事なく、自分一人も守り切れずに死んでしまった。
 俺の指先、たった半歩の、目の前で――

   ダンッ!

 ……気がつくと、俺はグラスをカウンターへ叩き付けていた。
 マスターは、もう文句を言う気もないらしい。ただ黙ってグラスを磨いて、見ぬ振りをしている。
 俺の目の前には酒瓶が置かれ、つまり一人で勝手に飲めと、そういう事か。
(そーとー不機嫌な客だ、と思われてんな)
 手酌で酒を注ぎ足した。たしかに、誰かと酒を飲みたい気分じゃない。
(( オマエ ハ 見捨テタ ンダ ))
 声に、ちらりと振り返る。そこに立っていたのは、誰もいるはずがない。
 しかし、俺にはあの少年が、ボロボロの姿で立っていると、そう見えた。
(( 俺ヲ 見殺シニ シタ ))
 ……そうかもしれない。
 あの商隊でエジャヌ湿原を越えるのは、最初から無理だった。損害が出ると、予想されていた。だから少年が死んだのは仕方がない、と、それは言い訳にはならない。
 俺は、少年を助けられた。――あの時に、自分の命など惜しまなければ。
「それは違うわ」
 声に、隣を見る。そこに、たっぷりとした栗色の巻き毛を上品にまとめた、若葉色の瞳の女性が腰掛けていた。
「あなたは、精一杯をやったじゃない」
 俺は、彼女を無視して酒を呷る。――どうせ、ちっとも酔えはしないのに。
「生き残ったことが、死者への罪悪にはならないわ」
 彼女の柔らかい声は更に続けたが、俺は聞いていなかった。
(( オマエ ハ 俺ヲ 殺シタ ))
「うるさいわね! この人はそんなコトしないわよ!!」
 彼女の糾弾に、少年はケタケタと、耳障りな濁声で笑った。
(( 俺ハ 死ンダ ソレ ガ 証シ ))
「『あなた』は『彼』じゃない! あの子は、ちゃんと知ってるわ!!」
 彼女の鋭い声に、少年は一瞬で崩れ去った。
 だが、消えただけだ。濁声は、遠くでこだまの様に響いている。
「……俺が、殺した。それは事実だ」
 呟いた言葉に彼女はきつい視線を投げて、ついで顔を伏せると「水を一杯ちょうだい」いう。
 マスターに頼み、水は俺の斜前に置かれた。果たして、マスターに見えたのか、それはわからない。
 ―― たぷん ――
 コップの水面が一瞬、しかし大きく揺れた。……誰も手など触れてもいないのに。
「……っい、いまの、なんです!?」
 焦るマスターに素っ気なく「さあ?」返し、酒を、面倒なんで瓶ごと飲み始めた。
 実際のところ俺にもよくわからない。ただ、少年は、最期に親の仇を呪ったわけでも、自分を助けることもできなかった俺を怨むでもなく、ただ思ったのだ。
(( キレイな水が、飲みたい ))
 魔物の爪に胸を抉られ、泥水の中に倒れながら、少年は、ただそう思った。
 そして、いま、望んだモノを手に入れた。
「あなたは、誰も殺してなんかない。私が知ってるわ」
 彼女は静かに、しかし執拗に言い募る。俺は目をつぶり、吐き出すように呟いた。
「俺は、殺したんだ」
「違うわ」
 彼女は即答する。それでも、俺は事実を知っている。
「おまえは、俺が、殺したんだ」
 覚えている。剣が肉を切り裂く感触。溢れ出す重い血の臭い。最期に俺にすがった、彼女の手。驚愕に瞳が見開かれ、ついで不可思議に笑み、何かささやき、事切れた、そのすべてを覚えている。
 それなのに、いま俺の目の前にいる彼女は驚いて、いつまでも納得しない。
「うそよ、そんなコト。私はここに、いるのに」
「俺が殺して、おまえは死んだ。……もう、4年も前だ」
「うそばっかり」
 彼女はクスクスと笑う。その笑い声は、俺以外の誰の耳にも届かない。
 もう死んでしまっているから、彼女には理解できないのだ。
 ――自分が死んでいる、そのことが。
「あなたは、優しいもの。そんなことするはず、ないもの」
 彼女は、最期になにを望んだのか。俺には、それだけがどうしてもわからなかった。

「僕はグラスタウンへ行く途中なんです」
 声が、雑踏に紛れそうに、それでも聞こえた。顔を上げると、俺とは反対側のカウンターに、一人の青年、少年と呼べそうな年若い男が周辺の地理をあれこれ聞いているところだった。
「ここからだと、どう行くのが近いでしょうか?」
「う~ん、エジャヌ湿原を越えることになるなぁ」
「難所なんですか?」
「二ヶ月前に、通り抜けようとした商隊が大被害を受けたよ」
「……迂回はできないんでしょうか?」
「迂回すると二週間はかかるよ。抜けるだけなら三日かそこらなんだが」
 青年は考え込んでしまったようだ。俺は椅子から立ち上がる。
「やめなさいよ。あんな哀しい場所に戻るなんて」
 彼女の制止を背中で聞きながら、無視した。
 青年の隣にガタリと腰掛け、そして言う。
「よう、グラスタウンまでのガイドは、どうだい?」

 それが、俺にとっての物語のはじめである。

   ◆ ◇ ◆

 カザは昔に裏稼業をしていて、イリューシャさん一家を殺したことがある。
 殺した相手から恨まれるはずが、何故か彼女だけは「あなたは悪くない」言い続ける。
 カザの正気は、果たしていつまで「もつ」のでしょうか。
 ……しっかし、霊感体質なんかね、コイツ(←無責任)
【銃の思い出】から『ファルガイア幻想記』へ、そして【綺麗な剣と壊れた銃】へと続く橋渡しとなる物語でした。

【 銃の思い出 】

 リレー小説『ファルガイア幻想記』より派生した、カザの過去編・2
 幻想記開始より前に受けていた護衛の仕事途中の話。

   ◆ ◇ ◆

「僕に銃を教えろ! 絶対に、絶対に教えろ!!」
「……なんで俺に言うんだよ(汗)」
 商隊(キャラバン)の護衛を引き受けた渡り鳥達は、商隊が村に立ち寄ったわずかばかりの自由時間を、其々の方法で満喫していた。
 その中で一番の最年少らしい、アーム使いを自称する少年が、焦茶色の髪の、カザとだけ名乗ったその青年に、やっきになってまとわりついていた。
 一方カザは、というと、村の小さな酒屋で一杯引っ掛けようとしていたところで、少年の異常な熱心さに辟易していた。
「だってカザ、僕のアーム勝手に使ったじゃないか!!」
 先だって、商隊が魔物に襲われた折、少年が落した銃をカザが拾って、魔物に撃ちこんだ。そのただ一発で、少年を襲っていた魔物は眉間を打ち抜かれた。
 少年はその事を根に持って……いや、なにか深く勘違いを起こしているらしい。
「あのな、俺はこれから――」
「まあ、いいじゃないか」
 助舟(?)を出したのは、護衛仲間の渡り鳥達だった。カザの肩をポンポンと叩いて、微笑みかける。――なんとなく、彼等の背後から黒い羽や先のとがった長い尻尾が見える気がするのは、幻覚かもしれない。
「仲間の戦力が上がれば、危険も少なくなるし。ということで、ガンバレ」
 言い置いて、カザが一人で置き去りにされた。
 意気込んで「おっしゃ! とっとと教えろ!」叫ぶ少年を、とりあえずカザは一発殴っておくことにした。

「違う違う、銃を撃つ時は、当てようと思うな」
 村外れ、酒場から数本の空き瓶をもらって的にすると、ささやかな練習が始まった。
 ただし、カザは酒瓶片手に横から茶々を入れるだけという、かなり不真面目な教官だ。
「真昼間から大酒飲んで」少年の正当な批判に「的を増やしてやってる」混ぜ返す。
「当たんなきゃ、意味ないだろう!」
 ガザの指導に、少年は一々と噛み付いた(気持ちはわかる)。
「当てようと思うと指と肩に力が入る。そうすると筋肉が強張って、かえって的に当たらない」
 酔っ払いが初めて真っ当なことを言った。少年はかなり驚いてカザを見る。
「弓をやったことは?」
「あ、うん。少しだけど」
「要領は同じだ。指差すように的を狙って、引き絞る」
 少年は言われた通りに銃を構えようとして「ああ、それとな」カザのちゃちゃに水をさされた。
「お前のその銃、身体の割りに大きすぎだ。反動で軌道がぶれる」
「じゃあ、どうすればいいんだよ!」
「自分で考えろ」
 言って、酒をあおるとニヤニヤと見ている。少年は顔を真っ赤にさせたが、文句を言うよりも先に、自分の手の中にある銃へ視線を落した。
 言われてみると、確かに掌にグリップが納まりきらない。それに、こう続けて撃っていると、重い。
 少年は右手で銃を構え、左手をその下に添えて、右足をふんばる為に後へ引く。
 狙いを定め、撃った。
   ばっしゃーーん!
 練習をはじめて、初めて的の酒瓶が砕け散った!
「やった!」
「おめでとさん。後は、まあ、練習次第だな」
 カザは「筋はいいから、がんばれよ」言って、商隊の方へ歩いていく。
 その背中へ、小片は少年は不意に声をかけた。
「カザ! カザは上手いのに、なんでアームを持たないんだ?」
「苦手なんだよ」
 手だけひらひらさせて、振り返りも、止まりもしない。
 上手いのに苦手って、どういうどういうことなのかとかなり迷ったようだが、続けて聞いた言葉に、さすが不真面目な彼でも立ち止まった。
「カザは! ――人を、撃ったことが――撃ち殺したことが、あるのか?」
「……あん?」
 振り返ったのはかなり剣呑な表情だ。ただ生憎、少年は手中の銃へ目を落としていて、彼の様子に気づかない。
「この銃、親父のなんだ」
 街の警備兵だった。しかし流れ者同士の喧嘩の仲裁で、逆に殺されてしまった。
 この銃はその一部始終を見てはいても、父親を守る、何の役にも立たなかった。
「犯人を探し出して、この銃で撃ち殺してやるって、そう、思ってた」
 その為に渡り鳥になった。しかし、魔物たちと戦ううちに、魔物を、まして人間を撃つなんて、怖くなってしまった。でも、だからといって復讐心が消えたわけではない。
 犯人は、必ず探し出す。――でも
「……的を一つ撃ち貫いた程度で、うぬぼれるな。馬鹿が」
 少年はハッとして顔を上げ、そこに台詞にそぐわない表情の青年を見て、戸惑った。
「お前の腕じゃ、正確に人間の急所を撃ち貫けるようになるまで、十年かかる」
 現実的で正確な指摘に、少年は肩を落した。しかしカザはかまわず、続けて言った。
「十年後に、考えりゃいいだろ」
「でも、僕は――!」
 叫びかけた少年を、カザは強引にさえぎった。
「手の届く相手なら、その手で直接殺せ。届かず、まして迷いがあるなら、やめとけ」
 少年は驚いたようにカザを見た。母は「相手を憎むなんてお止めなさい」といった。友人達も「気持ちはわかるけど、殺したらダメだよ!」と言った。
 そんなことはわかっている。でも、それだけでは狂いそうな激情がおさまらなかった。
 しかし、カザは違うことを言った。まるで、少年の胸の内を透かすように。
「ま、どっちにしても先の話だ。答えを出すのは、まだ早いだろ」
 カザはそう言って、歩き出す。が、数歩も行かずに、振り向いた。
「ほら、行くぞ」
「え、ええ?」
「商隊の出発時間。もうすぐだ」
 的にした酒瓶を片付けておけと言い置くと、今度こそ背中を見せて歩いていく。
 時々酒を飲み、頭をガリガリかきながら。
 少年は、もう一度手中の銃を見た。
 もし「その時」になったら、自分はどんな答えを出すのだろう。
 そしてその「答え」に自分は満足するのだろうか、後悔をしないのだろうかと考えて、その為には精一杯で考えなくてはならないと、思った。

   ◆ ◇ ◆

 話の収拾がついていない上に、主人公がカザではない(汗)
 まぁ、リレー小説本編でカザがフレス村からグラスタウンまでの道案内を買って出たのは、直前での仕事が全く同じルートを逆行していたからです。
 本当は、カザは何故に銃の使用を嫌がるのかって話にしようとしていたのだが……失敗してます。
名言集
カテゴリ
◇小説
◇自作小説
│└ 【魔道士の塔の学徒たち】
◇ファルガイア幻想記
 ├ 【簡単紹介】(別窓)
 ├ 【綺麗な剣と壊れた銃】
 └◇短編
  ├ 【樹の上の子猫】
  ├ 【銃の思い出】
  ├ 【迷惑な幻影】
  └ 【魔族の母親】

◇更新履歴
◇自己紹介
最新記事
最新のトラックバック
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。